虫歯の医療を18年齢まで放置していたら大変なことになっていた主旨について

私は昔から虫歯が多く、しかも歯医者が嫌いなので病院に行くことをずっと拒み続きていました。父母もあまり、私の歯には何も触れてこなかった結果私は18歳になるまで歯医者で治療を受けることはしませんでした。歯医者に行った足掛かりは、歯が小さくてグラグラと動いてしまい、抜けみたいだったので自分で行きました。そしたら驚くことに、医師に言われたのが生えてる歯が粗方乳歯のままだということでした。確かに生え変わったおみやげもないし歯が狭い意味、虫歯になりやすいことが多く(乳歯は虫歯になりやすいとも言われました)食事をするのも一大ので、かなりの小食でした。それから30万は検査に費やして、ほとんどの歯をブリッチなどに付け足したり抜いたりして、今はようやく虫歯ゼロまで治しました。昨今も定期検診を受けたりしにマメに通っていますが、歯のアクシデントは早めに気づいて置きたかっただ。今では小食も治り、食事がとても美味く感じてウェイトも増えました。奈良県の顔合わせ関わりは何が宜しい?